LED ZEPPELIN / DAZED AND CONFUSED IN TAMPA 1970 / 2021 LONGEST VERSION (2CD)

型番 WISCD 2021-006
販売価格 2,500円(税込)
購入数

* LED ZEPPELIN / DAZED AND CONFUSED IN TAMPA 1970 / 2021 LONGEST VERSION (2CD)
WISTERIA RECORDS / WISCD 2021-006

Recorded Live at Curtis Hixon Hall, Tampa, FL, April 09, 1970
Digitally Remastered in 2021 // Longest Version of This Concert. Using 2021 NEW APPEARED MASTER and OLD MASTER

Robert Plant - vocal
Jimmy Page - guitar, theremin
John Paul Jones - bass, organ
John Bonham - drums

DISC 1
1. Intro
2. WE'RE GONNA GROOVE
3. DAZED AND CONFUSED
4. HEARTBREAKER - fade out
5. BRING IT ON HOME
6. WHITE SUMMER/BLACK MOUNTAIN SIDE
7. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
8. John Paul Jones Organ Solo
9. THANK YOU

DISC 2
1. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
2. MOBY DICK
3. HOW MANY MORE TIMES
4. WHOLE LOTTA LOVE

なかなか名音源の少ない1970年のレッド・ツェッペリンの、貴重な新音源登場です。発掘されたのは1970年4月9日のフロリダ州タンパでのコンサートの前半部分。「なんだよ、切れ端かよ」と思うなかれ、この日の音源は元々不完全なものしか存在せず、とくにオープニングから『Heartbreaker』までが完全に欠落していた点が最大の弱点だったのです。今回発掘されたのが欠落していた前半部分という事で、別のテーパーによる録音源ながら『We're Gonna Groove』や『Dazed and Confused』が初めて完全な状態で日の目を見ることとなったのです。しかも音圧のある迫力満点のオーディエンス録音です。そして、めでたく発掘されたこの新音源を最大限に活かすべく、かつてから存在していたオーディエンス録音を繋ぎ合わせ“限りなく完全に近い”ロンゲスト・バージョンとなったのが本アイテムです。この繋ぎ合わせの作業は元々音源を世に出したゼップ・マニアによる編集で、かなり荒く難有りだっためウィステリア・レコーズが大幅に手を加え“きちんと商品化”されています。繋ぎ合わせの違和感を可能な限り無くすべくそれぞれの音源に別々のリマスタリングを施し再編集してあります。それぞれの音源にやや聴きにくい箇所もありますが、これが現時点での最終版となります。
初回限定版はシリアル・ナンバー入り帯付となります。

SHIPPING Calendar

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

黄色表示されている日は発送休業日となります

About US

BEATNIK GROOVE

★ 洋楽ファン必見のレア音源多数、 新作情報も随時更新中!
★ 会員様限定のお得なポイント制、初めて会員登録して頂いた方にはボーナス500ポイント付与!
★ 送料全国一律198円 * 5000円以上のお買い上げで送料無料!
★ お支払い方法も多種対応しております。

★ WE CAN SHIP OVERSEAS
(from TOKYO, Japan)
If you can't read Japanese Languege, please send e-mail in English to
shop@beatnikgroove.com

MOBILE Site