MILES DAVIS / LOST QUINTET ON GREEN DOLPHIN STREET / LIVE IN ROCHESTER 1969 (2CD)

型番 VDD 2021-010
販売価格 2,900円(税込)
購入数

* MILES DAVIS / LOST QUINTET ON GREEN DOLPHIN STREET / LIVE IN ROCHESTER 1969 (2CD)
2021 VOODOO DOWN Records 010 (VDD 2021-010)

Supervised by SO WHAT! Label.
Recorded Live at Duffy's Backstage, Rochester, NY, March 11-17, 1969
Soundboard Recording // Original Remastered by VDD 2021.

Miles Davis - trumpet
Wayne Shorter - soprano saxophone, tenor saxophone
Chick Corea - electric piano
Dave Holland - bass
Jack DeJohnette - drums

DISC 1 (Concert 1)
1. cut in - ON GREEN DOLPHIN STREET
2. SO WHAT
3. NEFERTITI - fade out
4. fade in - FOOTPRINTS
5. NO BLUES - THE THEME

DISC 2 (Concert 2)
1. fade in - THIS
2. PARAPHERNALIA
3. NO BLUES - THE THEME

マイルス・デイヴィスの愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル“ソー・ホワット”。その“ソー・ホワット”レーベルの完全監修を受け、2020年末に発足したのが“ヴードゥーダウン・レコーズ(以後VDD)”です。初めて“SO WHAT!”のレーベル名を記載することを許可されたことからも信頼の厚さがうかがえます。丁寧なマスタリング、編集、こだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤。新鋭レーベルながら早くもマイルス・コレクター必携アイテムとして注目を集めています。
今回登場するのは通称ロスト・クインテットと呼ばれるマイルスの“ジャズ時代”最強のクインテットによる貴重な1969年3月のライヴ音源。この時期既にスタジオ・セッションでは『イン・ア・サイレント・ウェイ』が録られており、夏にはジャズ史上最大の問題作(大傑作です)『ビッチェズ・ブリュウ』が生まれるという所謂“エレクトリック・マイルス”へと変わって行く過渡期です。このクインテット編成は1969年いっぱいは続いていくわけですが、セット・リストは夏から冬へと徐々に“エレクトリック・マイルス”のロック色を強めていきます。しかし本タイトル収録の3月の段階でのセット・リストはまだジャズ色がかなり残っており、中でも『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』はこのメンバーで演奏されたのはこの一回だけという激レアトラック。演奏は非常に激しいもので、この後変わっていくであろう片鱗が随所に聴き取れます。叩きまくるデジョネットにうごめきのたうつチックのエレピは最高です。
楽曲が完全収録でなかったり音質的にもピカピカのサウンドボードとはいきませんが、現存するマスターの中では最良のものを用いリマスタリングしています。ジャズ・ファンには最果ての断崖絶壁まで来た“ジャズ”を、“エレクトリック・マイルス”ファンには創世記を体験できる貴重なアイテムです。

SHIPPING Calendar

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

黄色表示されている日は発送休業日となります

About US

BEATNIK GROOVE

★ 洋楽ファン必見のレア音源多数、 新作情報も随時更新中!
★ 会員様限定のお得なポイント制、初めて会員登録して頂いた方にはボーナス500ポイント付与!
★ 送料全国一律198円 * 5000円以上のお買い上げで送料無料!
★ お支払い方法も多種対応しております。

★ WE CAN SHIP OVERSEAS
(from TOKYO, Japan)
If you can't read Japanese Languege, please send e-mail in English to
shop@beatnikgroove.com

MOBILE Site